キャリアアップ
2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
葛飾区新小岩」は東京の東の外れに位置し、お隣の小岩から江戸川を越えればすぐ千葉県です。
今なお下町情緒が残り、物価も安く住み良い街です!!皆様、新小岩に遊びにいらして下さい♪


4905f6f8.jpg    1109774_1703414998.jpg    34236647_2869487678.jpg    34236647_283437676.jpg    東京スカイツリー4     34236647_1987315349.jpg    雷門     16459323_1791692623.jpg     1109774_278114761s.jpg     1109774_4123929828s.jpg     1109774_1253269923.jpg

J.R総武線『新小岩駅』南口前      「柴又・帝釈天」帝釈堂                  堀切菖蒲園の「花菖蒲」
「柴又駅」前の寅さん像          新東京タワー「東京スカイツリー」                「浅草雷門」
           春爛漫の 「井の頭公園」         「水元公園」の水元大橋        JR亀有駅北口前の「両さん像」
    JR亀有駅南口前の「両さん像」     商店街「ゆーろーど」の「少年両さん像」


いつもブログにご訪問、ありがとうございます!!                新小岩駅北口交通広場から東京スカイツリー、浅草まで直通バスが出ています!! 土・日・祝日限定ですが京成バス「金町行き」も新小岩駅南口から出ていますよ!!      

「人気ブログランキング」と「にほんブログ村」を一日一回クリックをお願い致します!!    

 ↓ 金魚をポチっとクリックしてね♪

 ↓ こちらも一緒にクリックしてね♪

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへ にほんブログ村

スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
阿久悠とあさみ ちゆき 『聖橋で』♪
- 2011/09/29(Thu) -
m_120078_1244382302_180x180.gif  ↓ 東京の面白くて美味しい情報はこちらをクリックして見てね♪
人気ブログランキング にほんブログ村←クリック

人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ 人気ブログランキングへ

『昭和は遠くなりにけりか!?』
あの良き時代が懐かしく思い出されます!!
昭和から平成になって元気をなくしてしまった日本です。。
歌の世界も演歌・歌謡曲がJ-POP系のガキの歌に負けてしまっています。
今やカラオケ文化に毒されて歌い易い、軽い歌が作られる傾向があります。
歌詞にも中身のない、重みが感じれない歌が多過ぎます。
今は亡き作詞家・阿久悠氏が生きていたらどう思われるのでしょうか!?
阿久悠氏の著作を読み、作詞した曲を聞きながら昭和の時代に思いを馳せております^^

今日は阿久悠氏の最後の“秘蔵っこ”だったあさみ ちゆきさんのこの曲を聴いてみましょう♪

あさみ ちゆき聖橋で』♪ 作詞:阿久悠 /作曲:杉本眞人 2007年8月22日発売

心を鬼にして、別れた売れない小説家との思い出や、お互い成長して再会する約束をした聖橋を歌った曲であります。二年二ヶ月二日後と言う日にち設定が、より深みを増しています。
作家を目指していた明治大学時代の阿久悠氏自身の青春時代がモデルのようです。あさみ ちゆきさんの情感を込めた歌唱に胸を打たれます。

2007年年2月に発売されたあさみ ちゆきさんの3枚目のアルバム『あさみのうたIII~青春のたまり場~』は当時闘病中だった阿久悠氏が全11曲を作詞しております。聖橋で』はその収録曲で阿久悠氏の死後、アレンジを変え、シングルカットされてリリ-スされました。
ちゆきさん、この曲で「第49回日本レコード大賞・日本作曲家協会奨励賞」を受賞しました!!

『現在の歌で、一番欠けているのは場面だと思います。
作詞家としても僕は、あさみちゆきという語り部を得て、映画よりも劇画よりも意味深い、鮮やかな『場面』を作ろうと試みました。
たぶん、その『場面』の多くは、聴く人と共有できる愛しい体験です。
歌は、そうして小さな『結び目』を作りながら、時代を証明するのです。』

ー阿久悠ー

阿久悠氏が彼女に『あなたが歌の伝道師になって、歌をお手紙だと思って、一人ひとりに手渡しで、大切に届けていってください』とメッセージを残しました。
あさみ ちゆきさんへの遺言だと思います。
阿久悠氏の「歌謡曲復活」の想いはあさみ ちゆきさんがしっかりと引き継いでくれると思います。


お茶の水に集い、そして、別離を噛みしめながら去って行った友よ。
あの頃は、たがいに貧しく、時に人生に絶望を感じることもあったが、
心のどこかに劇的な灯をともしていたね。
聖橋から見たお茶の水駅は、どこかにフランス映画の一シーンを
思わせる詩情があり、ニコライ堂のシルエットも想い出の一コマに
絶好だった。髪の長い少女の焦茶色のベレーが風に舞い、駿河台を
駆けおりた光景は今でも鮮やかだ。
友よ。鮮やかでありたいね。お茶の水を思えばいつでも青春だ。
──阿久悠(『お茶の水えれじい』ジャケットより)


10月28日(金)『明治大学創立130周年記念音楽祭 阿久悠歌謡祭・愛よ急げ』が開催されます!!
《出演》 南こうせつ ささきいさお 山本潤子 山崎ハコ 島津亜矢 夏川りみ 渚ようこ ミッツ・マングローブ
開場 18:30/開演 19:00
【会場】 明治大学 駿河台キャンパス アカデミーホール

阿久悠オフィシャル・ウェブサイト あんでぱんだん

▼ブログの関連エントリー記事
『阿久悠展』とあさみ ちゆき『聖橋で』とお茶の水『聖橋』、『ニコライ堂』

25日(日)放送の「BS日本のうた」で内藤やす子さんの『こころ乱して運命かえて』(阿久悠氏作詞)をカバーしてあの難しい曲を見事に歌い上げました♪ 堂に入っていて衣装もかっこ良くてちゆき節は迫力満点でしたね♪

私事ですが先日、9月17日に「第24回江戸川区長杯争奪カラオケ大会」の予選会があり、あさみ ちゆきさんの『青春のたまり場』(阿久悠:作詞/杉本眞人:作曲 )を歌わせていただきました♪
嬉しいことに本日、予選通過の通知が届きました♪11月9日の準決勝ではあさみ ちゆきさんのこの名曲を阿久悠氏の想いを込めて歌いたいと思っております!!

あさみ ちゆき『青春のたまり場』You Tube
(残念ながらちゆきさん歌唱の映像が削除されてありません^^)

人気ブログランキングへ←マウスでポチっとクリックしてね♪
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログへにほんブログ村←こちらも一緒にクリックしてね ♪

『クリックして下さった心優しい方、いつも応援ありがとうございます^^ ブログの更新の励みになります。

関連記事
この記事のURL | あさみ ちゆき | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<九州の田舎から「無花果」(いちじく)が送られて来る♪♪ | メイン | かとうれい子新曲『純情』キャンペーン♪♪in錦糸町>>
コメント
- -

山ちゃん、今晩は♪

ちゆきちゃんの『聖橋で』をしみじみと聞いています。

阿久悠さんの詞に女心を揺さぶれますね。

二年二ヶ月二日目に2人はやはり会えないのでしょうか!?
覚悟を決めた別れで私なら戻って来ないでしょうね。
2011/10/01 00:28  | URL | ゆかりん #-[ 編集] |  ▲ top

- ちゆきちゃん、素敵!! -

山ちゃん

「BS日本のうた」のちゆきちゃんの『こころ乱して運命かえて』の歌唱、かっこ良かったですね♪♪

迫力のあるあの歌唱力は本当に素敵で痺れてしまいました!!

早く、歌謡コンサートで『秋櫻の頃』を聞きたいな!!

2011/10/01 00:38  | URL | Yumiko #-[ 編集] |  ▲ top

- 『聖橋で』♪♪ -

ゆかりんさん

今晩は♪

『聖橋で』、しみじみと心に響きますね♪

阿久悠氏の詞とちゆきさんの歌の中でも『青春のたまり場』、『あした』と共に大好きな曲です!!

私としては二年二ヶ月二日目に2人は又、会って欲しいですが・・・。
2011/10/02 03:43  | URL | 管理人・葛飾の山ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top

- ちゆき節♪ -

Yumikoさん

今晩は♪

『こころ乱して運命かえて』、本当に素晴らしかったですね♪

ちゆきさん、見事に自分の歌にして歌いこなしていました!!

『秋櫻の頃』を歌謡コンサートで聞きたいですね♪
2011/10/02 03:50  | URL | 管理人・葛飾の山ちゃん #-[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
不適切なコメントや通販サイト、出会い、H系サイトへの誘導コメントは即時、削除致します!!

トラックバック
トラックバックURL
→http://sinkoiwa.blog42.fc2.com/tb.php/618-b67ef58a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。